スポンサーリンク

「今日から皆で御朱印デビュー!」

全国のいろんなパワースポットで御利益を頂くため、最近人気の御朱印集め。理由は想いは様々だが、人々が神様を信仰して幸せに歩むのは良い事だろう。

さて、私も旅行でいろんな神社にお参りをしたりする。普段からそこそこラック値の低さを嘆いているので、やっぱり運気アップには目がないのだ。

今回は出雲大社へと足を運んできた。伊勢神宮などのように全国でも超有名な神社のひとつ。

と言う事で今回は、出雲大社の御朱印について……

  • どこで買えるのか?
  • おすすめの売り場は?

などをピックアップして解説しよう。中でも御朱印を頂くために必須のアイテム、御朱印帳

御朱印帳は様々な地域でいろんなデザインのモノを購入する事が出来る。全国の神社メモリアルを記録する為にも大事なアイテムだ。

では早速、出雲大社で手に入れる事の出来る御朱印。その情報をお届けしていきたいと思う。

御朱印帳はここで買える!

御朱印帳を頂ける場所は2ヵ所

さて、出雲大社に入って、どこで御朱印帳を頂けるのか? その場所を把握していこう。

出雲大社の敷地はとても広い。いや、大きな神社は大抵敷地が広いのだが、やはり出雲大社も例に漏れず広大な土地の中にいろんな社が鎮座している。

鳥居も全部で四つあるので、迷ってしまわないように注意だ。

そんな中で御朱印帳を頂ける場所。それが……

  • 御守所
  • 神楽殿

のふたつである。

「御守所」は巫女さんがお守りなどを販売してくれている場所で、敷地を歩けば多くの人が集まっている為、すぐに見つかるだろう。

ちょっとだけ探さないといけないのが「神楽殿」の方。この神楽殿は有名な巨大しめ縄が目印だが、境内から西に離れた場所にある。

しめ縄目的でも見逃してしまう場所なので、案内図に目を通しておくといい。

どちらも歩けばすぐに見つかるので、ちょっとだけ注意しておくといいだろう。

どんな御朱印帳があるの?

では商品の方もチェックしておこう。御朱印帳はやはり、出雲大社オリジナルデザインのモノを購入する事ができる。

まずはこちら。

こちらは出雲大社らしく、本殿の内部に掛かれている「八雲」をモチーフにデザインされた物。

金色の月に荘厳さと、ちょっとポップでオシャレなデザインが人気の品。パッと見ただけで出雲をイメージできる御朱印帳だ。

もう一つがこちらの御朱印帳。

黄色がベースで白の出雲大社をイメージした小紋が可愛いと評判で、女子にはかなりの人気らしい。

あまり目立つ物ではないが、その静かで穏やかなデザインが、多くの人の心を惹きつけているみたいだ。

そう言えば、御朱印ガールが増えている昨今、出雲大社のような大きな場所だけじゃなく、遂にはハワイにまでその足が及んでいるとか。こちらの動画ではその詳細などが紹介されていたのでチェックしてみると面白い。

▼御朱印ガール ハワイ出雲大社に大挙押し寄せる?

>>東京発6500円〜出雲大社へのお得な行き方をみる

御朱印の為の専門店もあるぞ

出雲の専門店と言えばここ

では、境内以外に御朱印帳を購入する事ができる場所についても見ていくとしよう。

その中でもまず紹介すべきがこちら、「ご朱印帳専門店 しるべ」だろう。

こちらは出雲大社店といって、出雲大社の勢溜(せいだまり)の鳥居のすぐ目の前にあるお店だ。徒歩で1分程度なので本当にすぐ見つかるぞ。

店舗は二階建ての建物の二階部分に入っているので、見逃さないように。

スポンサーリンク

こちらのお店では150種類を超える、たくさんの御朱印帳を販売している。しかも、そのすべてがオリジナルというだけじゃなく、少数生産しかできない都合、希少価値もめちゃくちゃ高い物ばかり。

「あの御朱印帳可愛いな……でも次に買おうか。」

なんて思っていたら無くなってしまう事もしばしば。ある意味でどの商品も期間限定の販売に近いので、気に入った物があったら是非”いの一番”に購入して欲しい。

時代を感じるシンプルでうるさくないデザインであったり、出雲らしい兎柄の可愛い物までいろんなものが用意されている。きっと、お気に入りの商品が見つかるだろう。

こんなところにも御朱印帳が!?

それから、ネットで調べてみると出雲に関連した場所で面白い場所が見つかった。

それが、「常陸国出雲大社」である。

こちらは出雲大社の分社に当たる場所で、何が凄いって住所がなんと茨城県! そう、中国地方ではなく関東の神社なのだ。

出雲大社はその立地から、なかなかお参りに行くことができない人も多くいる。そんな方々のため、こうした分社が関東へと出張してきてくれているのである。

聞いた話では渋谷でも御朱印を貰えるとか……。

そんな中からこちらでも、御朱印帳を購入する事が出来るのだ。しかも本家の出雲大社では購入できない、こちらだけのオリジナル。

同じ出雲系列ではあるが、御朱印帳はやはりそれぞれ個性があるらしい。

敢えてこちらのデザインを手にして、御朱印デビューするというのも面白いだろう。関東の方は是非、検討してみてはどうだろうか。

ネットで話題の商品はこれだ

今人気のお店がこちら

では最後に、ネットでも購入する事ができる出雲の御朱印帳についても見ていこう。話題の商品は幾つかあるが、その中でも注目のお店がある。

めのうの店 川島である。

こちらは通常販売以外でもネットで御朱印帳を購入させてくれているお店で、特に人気なのがウサギをモチーフにしたパステルカラーの御朱印帳だ。

やっぱり最近の若い世代の女性を中心に、親しみやすいデザインが人気を呼んでいるのだろう。なにより出雲は因幡の白兎があるため、モチーフも他の神社に比べてすごく可愛らしいのだ。

大人の女性ばかりではなく小さな子ども達に持たせてあげても可愛らしい商品が多く、御朱印を探すのであれば注目は必至だぞ。

同じく人気の仏具店がある

さて、そちらに並んで人気のお店がある。

仏具神棚などを売っているみたいだが、やはり御朱印帳も完備。そのお店が……

御朱印帳・仏具神棚 なごみや」だ。

こちらの御朱印帳も見逃せない。

やはり人気の商品は因幡の白兎になぞらえたウサギをモチーフにしたデザイン。ここだけのぶっちゃけトークだが、川島店の物と、さほど変わらないので、完全に直感で選ぶといいだろう。

またこちらの店舗の人気商品には、何十色もカラーが別れたカラフルな御朱印帳などがある。好きな色の御朱印帳を選べるので、多くの方から話題を集めているみたいだぞ。

他にも人気商品以外にもちょっと変わった面白デザインが多数存在する。現地で購入してもいいし、ネットでの通販で手に入れてもいいだろう。

お気に入りの御朱印帳を手に入れて、是非、出雲大社へと参拝しに行って欲しい。

出雲大社の御朱印帳の売り場はどこ?出雲限定人気の御朱印帳をゲット まとめ

いかがだっただろうか? 境内の中にある御朱印の売り場は、基本的に人が集まっているので本当にわかりやすい。

名前だと覚えるのが面倒だとは思うが、人の流れに乗って歩いておけば、だいたい大丈夫なのが大きな神社のいいところだ。

また、境内の中では決まったデザインの御朱印帳しか手に入らないのも一つの難点。いろんなデザインを見てみたい方は、是非ともお近くの専門店やネットの通販をご利用頂きたい。

今回ご紹介した「しるべ」だけじゃなく、ネットでは様々な店舗からも御朱印帳を購入する事ができる。

ちなみにどれも大量生産はしていないみたいなので、売り切れには注意が必要だ。人気商品はすぐに在庫がなくなる事も多いみたいなので、欲しいと思ったら早めに購入するよう心掛けて欲しい。

>>東京発6500円〜出雲大社へのお得な行き方をみる

>>「トリバゴ」で周辺ホテルの最安をみる


スポンサーリンク