スポンサーリンク

今回の内容はぶらり旅。

友達とお伊勢参りに行った私(筆者)が、観光地として有名なおかげ横丁をご紹介していきたいと思います。

街を歩けば素敵な活気に満ちて、そこかしこから漂う美味しい匂い!

お参りもほどほどに、すっかり花より団子で並ぶ食べ物を食べ尽くして来ました! 噂に聞くあの食べ物から、こんなものまであるのと驚いた美味しい物まで。

一度はおかげ横丁で食べてみたい! おかげ横丁に行ってみたくなるおすすめの食べ物をご覧いただきましょう!

食べ尽くせ!おかげ横丁の超オススメフードはこれだ!

地ビール片手に食べ尽くせ!

では横丁を歩く前に、後に紹介する赤福本店を通り過ぎて左手。美味しい純米大吟醸が有名な白鷹三宅商店や、その手前に地ビールを売っているお店があるので買っておいてください。

私(筆者)のオススメは……伊勢ピルスナー

出所:http://www.biyagura.jp/item-pilsner.shtml

こちらは商店のお母さんからもおすすめされて、ビールが苦手な人でもすっきり飲みやすいので、誰にでも自信をもって「美味しい!」と言えます。金のラベルが目印です。

同じくもっと美味しいビールを味わいたい方は…。

  • 神楽麦酒
  • 熊野小道麦酒
  • が美味しいですよ! 通販でも売ってますでこちらもチョイスしてみてください。

    お酒が進む!伊勢で出会った大人の味

    絶対に食べて欲しいのがこちら……団五郎茶屋の「松坂牛串」

    出所:http://www.okageyokocho.co.jp/

    同商店の商品はどれも美味しいのですが、三重県にまで来たならこれを食べなければ始まりません。

    ひと口食べるとお酒が恋しくなる辛み、肉の柔らかさと口の中で弾けるアツアツの旨味が堪らないんですよ。何本でも食べたくなります!

    次に「これはお財布がピンチ、買い過ぎちゃう!」となったのが……カキフライ

    タルタルソースですかね。あれを付けてパクリとひと口。海を丸ごと食べちゃったような美味しさでこれがまた堪らないのです。

    同じく貝類で言えば「蒸しあわび串」がありまして、こちらは友達が食べていました。1つで700円と贅沢品でしたが、食べた瞬間の彼の勝ち誇った顔は忘れられませんね。

    もう一つビール片手に食べていたいのが、
    「五十鈴川」というお店の……「たこ天」「貝柱天」「松坂牛天」

    出所:https://tabelog.com

    全部食べちゃいましたが、どれも美味しい! こちらも揚げたてアッツアツをお召し上がりいただけますし、店内で腰を掛けながら休憩もできます。

    一本一本がなかなかボリューミーなので、美味しくても食べ過ぎ注意ですよ!

    どちらのお店も近くではないので、ぜひ、横町を練り歩いて探してみてください。

    こちらは動画で確認できるおかげ横丁の様子。今回紹介していく食べ物なども映っていますので、ぜひ、参考にご覧ください。

    ▼【伊勢神宮ひとり旅①】おかげ横丁ぶらり食べ歩き

    基本も抑えろ!定番のフードもチェック

    本店の場所取りは前日から行われる!?

    では定番フードのチェックもしていきますね。おかげ横丁と言えば……

    そう! とても有名なのがこちらの赤福本店

    スポンサーリンク

    横町へと歩いていけばすぐに見えて来る人の行列。尽きる事のない待ち人の行き先が、この本店になります。

    本命である赤福以外も、かき氷やぜんざいなど季節に合わせた商品が食べられるのもいいですよね。

    その人気は凄まじく、近くに五十鈴川を渡る橋があるのですが、そちらまで人の列が伸びていました。

    さらに驚いたのが、翌日の朝一に赤福へ訪れるため、橋のところに場所取りの椅子が並んでいたんですよ。店が閉まり始めるギリギリまで横丁にいたのですが、帰り際にこれを見つけた時は本当に驚きました!

    さすがに老舗の貫禄を見せつけられましたね。

    人気のデザートでこれは外せない

    続けてチェックしたいのが、話題の甘味。団子の焼ける匂いに行列ができるのが……だんご屋

    みたらし、黒蜜、きなこもあったかな? みたらし団子を頼んだのですが、モチっとした食感が口いっぱいに広がって、みたらしの甘辛い風味が幸せを感じさせてくれるんです。

    なにせこちらも行列ができます。ピーク時には数十分待ちの状態になっていたので、赤福同様必ず押さえたいポイントですよね。

    それからもう一つ。「これは!」と思ったのが……豆腐庵山中

    こちらでは女性に嬉しい豆腐デザートを食べる事ができて、「おとうふソフト」と「うの花どーなつ」はかなり有名だと思っています。

    実際食べたら、メチャメチャ美味しかったです!

    やっぱり豆腐なので、ソフトクリームも普通のアイスとは違うんですよね。甘さ控えめさっぱりと口に残り過ぎない。でも、だからこそついつい食べ進めたくなるさっぱり感。暑い季節には絶対食べたくなるデザートです。

    「うの花どーなつ」は袋に入れて帰りにのんびりと食べるのもいいですね。

    出来たても美味しいのでしょうが、今回はみんなすっかりお腹いっぱいになっていたので、車内、それから旅館で頂く事になりました。

    現地を離れたからこそ、「もっと食べたい!」と大騒ぎになったのもいい思い出です。

    美味しい物が目白押し!

    ここまで紹介した以外にも、まだまだ美味しい物はありました。

    まず「サバ飯」ですよね。新鮮な海の幸で食べるご飯の美味しさ。お寿司はこれだからやめられません。

    「松坂牛のコロッケ」もありました。同じく豚串も売っており、衣の中に閉じ込められた肉汁がじゅわっと広がる味わいはお酒なしでは語れません。

    とんでもなかったのが「寺子屋本舗」のおかきでしょうか。美味しいおかきが並ぶ中、真っ赤でスパイシーな激辛のおかきを買った友人がいます。彼は辛い物が大好物。

    怖いもの見たさで食べた時、私(筆者)の反応がどんな風だったかは、実際に食べて頂くとご想像がつくかなと思います。

    また、伊勢海老汁を店頭で味わせてくださったのが「横丁君家」。人混みから離れた位置にあるお店なので、休憩ついでにぜひ寄ってみて頂きたいですね。

    ちなみに、その傍にある「横丁まるせい」さん。こちらの商品は他では見られない超巨大ソーセージの数々で、やはり、一見の価値ありですよ!

    あっ、もちろんこちらもパックり頂いてきました!

    「一度はおいで!」おかげ横丁の楽しみ方


    さてさて、様々な商店、食べ物を紹介してきました。

    これでも今回食べたすべてではないというのが、この「おかげ横丁」にどれだけ美味しい物が溢れていたのか、という事ですよね。

    しかし、おかげ横丁にあるのはこうした食べ物ばかりじゃないんですよ。

    おかげ横丁の「神恩太鼓」

    力強い太鼓の音が町全体に広がって、間近で見ていると身体が震えるほどの太鼓の音に感動しちゃいました! 伝統ある太鼓の演舞に、多くのお客さんが魅入っていましたね。

    こちらの動画でその凄まじさを確認できます。

    ▼伊勢 おかげ横丁 神恩太鼓 12月

    このほか、伝統工芸で作られた可愛い置き物。お土産に食べ物ももちろんいいのですが、こうした可愛い小物を町の至る所で見る事ができます。

    せっかくのお伊勢参り。町で見かけた人形や飾りなどを買って帰るのも良いかもしれませんね。

    また、春になりますと、近くに流れる五十鈴川の河川敷は綺麗な桜でいっぱいになるようです。

    四季の彩りも合わせて楽しめる。そんな横丁にぜひ、一度足を運んでみてください。

    おかげ横丁のおすすめの食べ物はこれだ! まとめ

    いかがでしたか? なにせ本当に……

    本当に美味しい物で溢れています!

    というよりも、一番初めに松坂牛串を見つけてしまったのが止まらないきっかけでした。

    近くにちゃんと地ビールも売っている。これはいろんな意味でウマいですよね。

    もちろん、目につく全てを食べたくらいの私(筆者)達でしたが、これが全てではありません。もっともっと美味しい食べ物。それから、お店の中でのみ食べられる彩り鮮やかな味覚。

    ぜひとも、一度は遊びに行ってみてくださいね。

    >>「トリバゴ」で周辺ホテルの最安をみる


    スポンサーリンク