スポンサーリンク

日本一のジェットコースター「スチールドラゴン2000」が堂々と待ち構えてくれるナガシマスパーランド。

絶叫マシン制覇を目指し、先日、私(筆者)達も友達と旅行がてら遊びに行って参りました。

大型連休ではありませんでしたが、朝から多くの人々で賑わっていたナガシマスパーランドですが、各アトラクションを制覇する為に、乗り物の料金は前もってチェックが必要ですよね。

特に、友達のひとりがそうだったのですが、遊ぶアトラクションは少なくても構わないという人にとっては、フリーパスを買わない方がお得だったりするのです。

今回は……

  • フリーパスを獲得すべきか?
  • アトラクションを個別に楽しむのが一番か?
  • 個別の料金をチェックしてどうすればお得なのか?
  • を紹介していきたいと思います!

    各アトラクションの料金を個別にチェックだ!

    人気の絶叫アトラクションのお値段はこちら

    やはりナガシマスパーランドと言えば、私(筆者)達が楽しみにしていたようにジェットコースターをはじめとした、絶叫系アトラクションが目玉ですよね。

    最大で2時間以上の列が出来るほど、競争率の高いマシンがスパーランドの売りですが、では、そんなアトラクションの個別料金はどうなっているのか。

    まずは一覧をお見せしましょう。

    1,000円コース

  • ARASHI 嵐
  • スチールドラゴン2000
  • アクロバット
  • ホワイトサイクロン
  • 800円、700円コース

  • スターフライヤー
  • ジャイアントフリスビー
  • 500円コース

  • スペースショット
  • ルーピングスター
  • フリーフォール
  • シュート・ザ・シュート
  • コークスクリュー
  • ジャボバイキング
  • シャトルループ
  • 400円、300円コース

  • パラトルーパー
  • フリスビー
  • ダブルワイルドマウス
  • フライングカーペット
  • スペースシャトル
  • みんなが愉しめるエンジョイアトラクション

    ジェットコースターが苦手な人でも楽しめる、エンジョイ系アトラクションの一覧も見てみましょう。途中「ジェットコースター」という名前のアトラクションがありますが、スピードの速い乗り物ではありませんのでご安心ください。

    また私(筆者)にとってはスチールドラゴンよりも叫び回った、最怖の絶叫アトラクションがありますけれど、こちらも実際は歩いて回るだけなので大丈夫です。

    500円コース

  • 大観覧車オーロラ
  • ジェットスキー
  • 400円コース

  • ジェットコースター
  • 300円コース

  • ロックンロール
  • ウェーブスウィンガー
  • テレコンバット
  • スウィングアラウンド
  • お化け屋敷
  • これら以外に、子ども達が遊べるキッズタウンや、お食事処にレストランがあります。また詳しくはパンフレットにも書かれていますので、是非参考にしてみてくださいね。

    3月から新しく稼働している「嵐」。スリルがあるというより、純粋に楽しいという口コミが多いですね。絶叫系が苦手な人でも乗れそうですし、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか?

    ▼嵐-Arashi- 4Dスピンコースター(ナガシマスパーランド)

    フリーパスだといくら? どっちがお得?

    フリーパスを買えば超お得!

    さて、遊園地に行く際に気になるのが、フリーパスをどうしようか? ですよね。たくさん遊ぶなら必要ですが、そこまでアトラクションに乗らないのであれば、入場券だけのほうが安く済みます。

    ちなみに私(筆者)の友達も、ひとりは見て撮影して楽しむ派だったので、フリーパスなしで園内を回ることになりました。

    それじゃあ、フリーパスは具体的にどのくらいお得なのか? 料金の違いから見てみましょう! こちらでは、スパーランドの基本入場券をご紹介したいと思います。

    通常(15時以降割引)

  • 大人 :1,600円(1,200円)
  • 小学生:1,000円( 800円)
  • 幼児 : 500円( 400円)
  • が、入場券となります。こちらの券で入場した場合、園内で上記で紹介した各料金を支払い、乗り物券の購入が必要になるのです。

    園内の乗り物を自由に乗りたい場合、のりもの乗り放題の券を買ってください。料金は以下の通り。

    スポンサーリンク

    乗り放題

  • 大人 :4,300円(3,300円)
  • 小学生:3,300円(2,500円)
  • 幼児 :2,000円(1,400円)
  • シニア:2,100円(2,100円)
  • となっています。

    差額は……

  • 大人 :2,700円(1,100円)
  • 小学生:2,300円(1,700円)
  • 幼児 :1,500円(1,000円)
  • つまり、この差額分のお値段だけ園内で遊ぶなら、フリーパスの方がお得。逆に、この差額以内のアトラクションにしか乗らないのであれば、入場料だけの方がお得になるのです。

    筆者おすすめノンフリーパスで遊べるコース!

    では、フリーパスを使わずに遊べるコースはあるでしょうか?

    ご覧の通り、大人や小学生になると人気のアトラクション、ナガシマスパーランドの4大ジェットコースターに3つ乗ってしまえば、フリーパスで遊ぶ方がお得になります。

    せっかくスパーランドに来たのなら「ARASHI 嵐」「スチールドラゴン2000」「アクロバット」「ホワイトサイクロン」には乗りたいですよね。でも、全部は乗れない・乗らない人もいるはず。

    そんな方の為、実際にアトラクションを巡った筆者から、おすすめコースをご紹介したいと思います!

    プランA:格安絶叫めぐり

    まず「1,000円コース」のアトラクションにはどれか1つ必ず乗りましょう。日本一を体感したいのであれば「スチールドラゴン2000」。単純な楽しさであれば「アクロバット」が個人的なおすすめです。

    その他の絶叫マシンでは、「スターフライヤー(800円)」「ジャイアントフリスビー(700円)」「スペースショット」「フリーフォール」「コークスクリュー」(3種一律500円)こちらがおすすめ絶叫マシンです。

    各お値段から一種ずつ、計3種遊んでも、小学生までならお得ですよね。また「ジャイアントフリスビー」は1,000円コースに匹敵する楽しさだったので、こちらをメインにして遊んでみるのもおすすめですよ。

    プランB:絶叫抜きファンタジーコース

    上記の通り、エンジョイ系アトラクションは絶叫系に比べて安く遊べて、なおかつ楽しむことができます。

    中でも「大観覧車オーロラ」「ジェットコースター」「お化け屋敷」の3種は特別楽しいので、これらを主軸に絶叫1,000円コースを組み込んでも、合計2,200円とお得に遊べちゃうんですよ。

    まとめますと……
    今回「プランA・B」の中で紹介させて頂いたアトラクションを自由に組み合わせて、2,000円前後の料金になるよう遊べば、フリーパスよりお得に楽しむ事ができるんです!

    お得な前売り券情報も見逃すな!

    コンビニ購入で待機列を飛ばせ!

    最後に、各種お得な前売り券の情報もお伝えしたいと思います。

    まず各コンビニにて。当日券購入待機列をスルーして入場可能な前売り券を販売してくれています。

    お値段は変わりませんが、入場券購入まで、ゴールデンウィークや夏休みには1時間以上の待機が必要なる場合もあります。

    そこから入場までにも時間がかかる可能性もあるので、前もってコンビニでの購入を行っておけば、待機時間を全部飛ばせてしまうんですよね。

    余裕があるならば買っておくと良いでしょう。

    他者より圧倒的にお得な年間パス

    もうひとつナガシマスパーランドで注目したいのが、こちらの年間パスです。どのテーマパークにおいても存在する、年間パス。こちらが非常にお得なんですよね。

    ナガシマスパーランドの年間パスは……

  • 大人:19,500円
  • 小学生:14,500円
  • 幼児:9,000円
  • となっております。

    これがどのくらいお得なのかと言うと、某大型テーマパークにおける年間パスは、通算10回ほどの来場でお得になるのに対し、ナガシマスパーランドは5回の来場で毎日フリーパスを買うよりお得になるのです。

    これは本当に……

    破格のお値段!

    だと言えるでしょう。

    一年を通して春夏秋冬、さまざまなタイミングで遊びに行かれる予定の方はぜひ、こちらの購入も考えてみてくださいね。

    ナガシマスパーランドの料金アトラクション別 まとめ

    いかがでしたか? 各料金を見て行くと、だいたい3~4つまでのアトラクションでしか遊ばないのであれば、入場券のみの方がお得になります。

    私(筆者)達のように、全絶叫系制覇。もしくは人気のアトラクションを遊びつくしたいのであれば、フリーパスを購入するのがいいですね。

    実際に遊んでみた私(筆者)としては、本当に、フリーパスを買わないなら「ジャンボフリスビー」「アクロバット」これだけは乗るようにおすすめしたいです。

    こちらのアトラクションは特に、絶叫系が苦手な人でも楽しめると思いますよ。

    それと、余談ですが、怖がりの友達といっしょに「お化け屋敷」に入ると、私(筆者)の友達曰く……

    「こんなに遊べる300円はない」

    ほどの最強コンテンツに変わりますので、試してみてはいかがでしょうか?

    >>「トリバゴ」で周辺ホテルの最安をみる


    スポンサーリンク