スポンサーリンク

群馬旅行にて、群馬サファリーパークに行って来た我々。

群馬サファリパークの魅力は、今で言うとやはりホワイトタイガーだろう。ちょうど自分達が遊びに行った時にはホワイトタイガーの赤ちゃんとふれあう事ができたのだ。

ただし、実はそんなこと知らなかったばかりに、それから個人的なテンションに身を任せて大好きなシンリンオオカミのエリアを堪能していたらホワイトタイガーを見られる時間が過ぎていたという失敗もあり。

ちょっと悔しい思いをしたのだけど……うん。

そんな群馬サファリパークには、遊園地も存在する。

自分達が訪れた時はちょうど連休明けで、人混みを避けたのもありあまり人はいなかったが休日には子ども達がよく利用するのだとか。

そこで今回は、この群馬サファリパークに併設している遊園地について紹介していこう。

気になる営業時間と休園日は?

サファリパークの遊園地ってどんなところ?

群馬サファリパークに併設されている遊園地

かれこれ3ヶ月近く前の話にはなるが、以前ナガシマスパーランドへと遊びに行ったり、今年の秋には富士急に行こうと計画したり、絶叫アトラクションが大好きな自分だが、この場所はそういう遊園地ではないのだ。

つまり……

ちびっこ向け

なのである。

サファリパークの一角にある小さな遊園地で、家族でゆったりと楽しめるように設置されているのがこの遊園地。

ジェットコースターや回転ブランコなどもあるが、

動物と触れ合ったあとにのんびり楽しめるのがこの遊園地の魅力

だといえる。

小規模ではあるものの、10を超える様々なアトラクションがあるため、休日を満喫するには十分で、40mの巨大な観覧車からはサファリパークを一望する事も出来るぞ。

営業時間や料金は?

気になる営業時間だが、こちらはサファリパークと同じになる。

サファリパークの営業時間は基本……

  • 3月~10月:9時30分~17時
  • 11月~2月:9時30分~16時30分
  • となっている。

    休園日は毎週水曜日。

    ただし春休みや夏休みなど大型連休中は無休で運営してくれているので、遊びに行く前にはチェックしておくといいだろう。

    それから遊園地の方は入園無料となっている。リトルファームやバードパーク、それからイベントホールも一緒に遊べるぞ。

    料金設定も格安で、一部の人気アトラクションを除けばなんと!

    一律200円

    で遊ぶことができる。

    観覧車やジェットコースター、モノレールのみ400円なので、自由に遊ぶことができるのだ。

    群馬サファリパークの遊園地に関しては紹介動画もあるので、ぜひ参考にしてみて欲しい。

    ▼群馬サファリパークの遊園地の紹介動画. Amusement Park in Gunma Safari Park.

    おすすすめの乗り物は?

    意外と人気のスカイバルーン

    では、遊園地にあるアトラクションの中で人気の乗り物はどれか。

    口コミやネットの反応を見ながら調べてみると、さすが子供向けというだけあって意外な人気が見えてきたぞ!

    というのがまず、自分達の感覚だと最高に面白いのは断然ジェットコースターなのだが、やはりちびっ子が楽しむのはスリルと迫力ではないようだ。

    子ども達に人気のアトラクションが……

    スポンサーリンク

    「スカイバルーン」

    気球型の乗り物で空中をぐるぐる回るタイプの奴である。ブランコ感覚で楽しめるのが人気の秘訣。

    くるくる回る乗り物であれば御馴染みのメリーゴーランドや、ちゃんとした空中ブランコ系の乗り物もあるのだが、これらよりも2人ペアで乗る事ができるのも楽しめる理由のようだ。

    親子で一緒に乗れるので、家族で遊べるのも大きなポイントだろう。

    サファリ列車で出発しんこー!

    もうひとつ人気の乗り物系が、このサファリ列車

    これはなんとなくわかる。

    子ども心に列車は楽しい。自分も汽車は好きだったし、この世代の子だとトーマスとかにも夢中なのではないだろうか?

    「乗るだけで楽しい」

    というのは確かに重要なのだ。

    もちろん列車なので、みんなで楽しむ事ができるぞ。

    園内をゆっくりと廻ってくれるだけではなく、家族でサファリパークを別角度から楽しむ事ができるこのサファリ列車。

    似たようなアトラクションにパノラマモノレールもあり、こちらもバードパーク内を一周してくれる。

    正直なところを言えば大安定の観覧車も人気なのかなとは思ったけれど、動物たちをより身近に楽しみながら遊べる地上の乗り物が、人気を集めているようだ。

    イベントホールの情報をチェック

    動物たちとふれあえるチャンスを逃すな!

    まず悲報。

    どうやら5月中旬頃に、ホワイトタイガーの赤ちゃんとのふれあい体験が終わったという事だ。

    このイベントホールは遊園地の敷地にあって、連日いろんな催しが行われている。今回のホワイトタイガーの赤ちゃんとのふれあい体験もその一つ。

    3月頃から約3ヶ月、赤ちゃんと写真を撮れたのだ!

    冒頭でも話したのだが、自分達はせっかくのチャンスを活かせなかったので、結構悔やんでいる。皆の写真報告を見ていると尚更だ。

    めちゃくちゃ可愛い。

    なんで優先しなかったんだろう、無念。

    ただ、イベントホールではこうした動物たちとのふれあいの機会を期間限定で楽しめるようなので、遊びに行く時はぜひ事前にチェックして頂きたい。

    バードパークやリトルファームもチェック!

    イベントホール同様、遊園地側の敷地でには「バードパーク」「リトルファーム」がある。

    このふたつのエリアだが、「バードパーク」ではフクロウやタカなどによる、

    フライングショー

    を楽しむ事ができるのだ。可愛くてカッコイイ鳥たちとふれあえるチャンス。

    またリスザルやレッサーパンダなども飼育しているので、いっしょに観察する事も出来るらしい。こちらも見逃さず立ち寄ってみてほしい。

    それから「リトルファーム」にはミニチュアホースやポニーが飼育されていて、子ども達にも乗馬体験をさせてあげられるのだ。大きな馬は怖くてもちっちゃな彼らなら大丈夫だろう。

    群馬サファリパークに来た思い出に、ぜひ遊んできて欲しい。

    群馬サファリパークにある遊園地の営業時間は? まとめ

    いかがだっただろうか? 以前九州の方にあるサファリパークや、学生時代には海外のサファリにも行った経験があるのだが、遊園地が併設されているのは初めてである。多分珍しい。

    大人目線で言えばかなり小規模なのだが、子ども達が遊ぶには本当に十分すぎるくらいだろう。

    保護者としてもゆっくりと遊ばせてあげられる場所があるのは嬉しい物で、口コミなどでも、

    「3時間くらいのんびりと回れた」

    という声があった。

    何度も同じアトラクションを楽しんでもいいし、全部のアトラクションを制覇してもいい。

    イベントホールなどで動物とふれあうこともできるので、遊びに行く際はぜひチェックしてみてくれ。

    >>「トリバゴ」で周辺ホテルの最安をみる


    スポンサーリンク